大田区 池上 蒲田 犬 猫 うさぎ フェレット ハムスター

循環器科

Cardiology

循環器科

循環器科

Cardiology

循環器科

  • 呼吸が苦しそう。

  • 散歩をしたがらなくなった。

  • 興奮すると咳をするようになった。

  • 失神することがある。

  • ふらつくことがある。

  • 安静時でも呼吸が多くなった。

  • お腹が膨らんできた(お水が溜まっている)。

などの症状がありましたら、「心臓病のサイン」かもしれません。

早期に心臓病の検査をご相談ください。

心臓病について

心臓病について

僧帽弁閉鎖不全症(矢印)

 近年、寿命が延びるのに伴い、人と同様に「心臓病」「がん」「腎臓病」がワンちゃん、ネコちゃんの3大死因と呼ばれるようになりました。

現在、全ての犬のうち10~15%が10際以上の犬では30%以上が心臓病であるといわれております。

心臓病は進行して初めて症状が出てきます。

また、心臓病は一度悪くなってしまうと元に戻すことができません。

そのため、早期に発見し治療を始めることが大切です。

特に小型犬は心臓病になりやすい傾向があります。

(キャバリア、ヨーキー、シーズー、マルチーズなど)

疾患/病名

先天性

動脈管開存症(PDA)、心室中隔欠損症(VSD)、心房中隔欠損(ASD)、エプスタイン奇形、ファロー四徴症、アイゼンメンゲル症候群

後天性

僧帽弁閉鎖不全症(MR)、三尖弁閉鎖不全症(TR)、感染性心内膜炎、犬糸状虫症、大動脈症候群、犬の拡張型心筋症、犬の不整脈原性右室心筋症、心タンポナーゼ、大動脈狭窄症、肺動脈狭窄症、体性高血圧症、猫の肥大型心筋症、猫の拘束型心筋症、猫の大動脈血栓塞栓症、猫の不整脈原性右室心筋症、不整脈(房室ブロック、期外収縮、心室・心房細動、WPW症候群)など

心臓病の診断

〇身体検査 (総合診療科)

心雑音・肺雑音の有無、心拍数の測定、血色の確認、また全身状態を確認します。

心臓病の診断

〇レントゲン検査

心臓の大きさや形、血管の太さ、また肺野や気管などの呼吸器系の状態をチェックします。

心臓サイズVHS法で計測し肺水腫の有無を確認することで重症度判定(ステージング)に役立ちます。

  • レントゲン検査
  • レントゲン検査

    犬の両心不全による心臓拡大のレントゲン像

〇超音波検査

当院ではカラードップラーエコーを用いることで、心臓内の逆流の有無や、血流速度を計測することができます。

心臓の内部を診ることで、心臓病の種類や重症度を把握することができます。

  • 超音波検査
  • 超音波検査

    犬の僧帽弁閉鎖不全症における逆流波測定(連続波ドプラ)

  • 超音波検査

    LA/AO測定 左心房の拡大が認められる

  • 超音波検査

    拡張型心筋症におけるFS(収縮率)の測定

〇心電図検査/血圧検査

数分間のモニターを行い、心拍数や不整脈の有無、血圧を測定します。

〇血液検査、尿検査

全身状態を把握し、また心臓病以外の病気がないかを調べます。腎機能や肝機能の状態を把握し、薬剤を選択します。

血液検査、尿検査

〈総合診断・治療〉

これらの検査から、病名、重症度/進行度〈ステージング〉を診断します。そして飼い主様に十分なインフォームド・コンセントを行い、それぞれのワンちゃん、ネコちゃんの状態に合わせた治療を飼い主様と一緒になって行っていきます。

心臓病の内科治療

お薬を使用することにより、症状を和らげ病気の進行を遅らせます。

病気の種類、進行度、動物の状態に応じてお薬を調整していきます。

  • ACE阻害剤

  • β遮断薬

  • 利尿剤

  • 強心剤

  • 抗不整脈

  • 血栓予防剤  など

心臓病の外科的治療

開胸術、カテーテル手術、ペスメーカーを使った手術など多岐にわたります。

先天性心疾患(特に動脈管開存症PDA)、後天性僧帽弁閉鎖不全症などで手術が適応となる場合があります。

高度な医療設備が必要な場合がありますので、大学病院や動物循環器専門病院(などをご紹介する場合があります。

心臓病の外科的治療

・僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流)

犬の全心臓病疾患の75%を占めており、弁が変性することで血液の逆流がおきてしまいます。

主に小型犬(マルチーズ、シーズー、ヨークシャー・テリア、チワワ、ダックスフント)に多く、キャバリア・キングチャールズ・スパニエルでは遺伝的要因がわかっています。

進行すると、肺水腫が起きてしまい、命にかかわります。

早期に治療することで進行を遅らせ、心臓の負担を減らすことができます。

また、外科手術も適応となることがあります。

  • 僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫

    僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫

  • 僧帽弁閉鎖不全症による逆流波のカラードプラー

    僧帽弁閉鎖不全症による逆流波のカラードプラー

・肥大型心筋症

ネコちゃんで一番多い病気です。

心臓の筋肉が肥大し、全身の血液循環が悪くなってしまう病気で、メインクーン種では遺伝的要因があるとされています。

運動不耐、呼吸困難、血栓症(後躯麻痺)などが症状として認められることがありますが、無症状なことも多く早期発見には定期的検査が必要となります。

症状により血圧降下剤や強心剤などを組み合わせ、進行を遅らせることが重要です。

  • ネコの肥大型心筋症による心拡大と肺水腫

    ネコの肥大型心筋症による心拡大と肺水腫

  • 超音波Mモードにおける心筋壁の測定と収縮率FSの測定

    超音波Mモードにおける心筋壁の測定と収縮率FSの測定